リアル60代賃貸ライフ

60代で家を売り、身軽な賃貸団地でのライフスタイル

50年来の友であっても意見は違う


 

 

私は昔から自己主張しないタイプ。

 

そもそも、主張する自己が無いというか、

深く考えず周囲に合わせて生きてきた気がします。

 

 

それで特に困ることもなく、少し天然な所もあるようで、

割りと愛されてきたように思います。

 

 

深く考えない私ですが、

その分感覚的な部分では敏感というか、

ある意味頑固なこだわりがあるのかもしれません。

 

 

みんながこぞって接種する中、

「?」と思った私。

 

rennge.hatenablog.com

 

職業柄、1.2回目は受けましたが、

rennge.hatenablog.com

 

「?」は無くなるどころか大きくなるばかりで、

孤独感も感じていました。

 

 

高校時代からの友人3人も早々と接種組で、

私の躊躇する点を理解はしてもらえず、

「この話はやめよう」とやんわり拒絶されました。

 

 

そんな孤独感の中で参政党を知り、

疑問を持っているのが私ひとりではないことを知りました。

 

 

 

ホントに自己主張をしたことの無い私ですが、

今回ばかりは

「選挙は何年も行ったこと無いけど今回は行くかも」

「デメリットのほうが大きいから3回目は受けない」と、

資料と共にグループラインで宣言しました。

 

 

しばらくしてから

「○○(私の名前)がそう決めたなら、それで良いと思うよ。

 でもこの話はここまでにしよう」と返信がありました。

 

 

私の感覚は私の感覚。

友の感覚は友の感覚。

それで良いと思います。

 

自分の主張を告げられたことが、私にとっての進歩なのでした。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ