リアル60代賃貸ライフ

60代で家を売り、身軽な賃貸団地でのライフスタイル

篠田節子『失われた岬』感想

f:id:rennge:20220402223817p:plain

 

北海道・絶海の岬で消息を絶った友人・清花。

二十歳の娘を残して失踪した清花を心配する美都子。

 

優雅で上品な専業主婦・清花の、謎の変心。

 

さらに、

ノーベル賞作家の失踪にも関わっているらしい岬の謎。

 

 

特殊な自然環境のために隔離された場所の秘密。

 

 

篠田節子の小説は、

 

 

楽園の島といわれる熱帯雨林からの脱出劇を

ずいぶん昔に読んだ時からのファン。

 

 

 

『インドクリスタル』では、鉱石を。

『竜と流木』では、バイオ技術を。

ブラックボックス』では、ハイテク農場を。

 

共通して、

人間が自然を操作したつもりになっている愚かしさを、

表しているような気がする。

 

 

「文明というのは実は容易に滅びの道に通じるものなのです。」

     『失われた岬』より

 

 

“地球を守ろう”とか言うけれど、

地球に守られているのは人間のほうですよね。

 

 

大自然は、

天災などを見るにつけ、

操作するものでなく、畏れ敬うべきものだとつくづく感じる。

 

 

 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村